2018年 01月 08日 ( 1 )

Leoのこと

12月の初めに入院騒ぎをしてから、早1ヶ月。
リオ君、最近体調も落ち着いていて、お陰様で元気にしています。

c0133478_00304242.jpeg
退院した当初は、肺炎は治ったと言われたものの、呼吸がとても乱れていて「苦しいのかな?」と思い心配になる事も多々ありましたが、今ではほぼ正常に戻りました。(^^)

おしっこも自分で少しは出来ているようではありますが、お腹を触るとパンパンに膨れている事が多いので、
朝晩1日2回「圧迫排尿」をしています。
これ、コツをつかむととっても簡単で30秒もかからない作業なのです。
リオ君への負担もほぼないと思っています。(^^)
右手でリオ君の前足を持ち上げて、後ろ足はケージの床につけた状態で左手で下腹部を下に向かって絞るようにさすると「ジャー」っと気持ちの良いくらい簡単におしっこが出ます。毎回結構出るということは、やっぱり多少の排尿障害があるんだと思います。

c0133478_00321279.jpeg
今思うと、いつもお腹が風船のようにパンパンだったのは、太っていたのではなく(ずーっとそう思ってた)膀胱が拡張していたんだなあと、、、、。排尿筋の収縮力が低下していた事に、もっと早く気づいてあげられたらよかったのにと思います。

「圧迫排尿」をしてあげるようになってからは、お水もよく飲むし、気になっていた便の大きさも程よい大きさに戻ったし、少しだけ以前より元気になったようにも思います。
何よりもおしっこが出た後は、リオ君以上に、私がすっきり爽快な気分になるのです。(笑)

c0133478_00332400.jpeg
一時は、グルーミングもあまりできていなくて、お尻の周りや後ろ足の内側が尿焼けしている事が多かったので、2-3日に一回ぬるま湯で「半身浴」をさせて清潔に保っていましたが、先週は自分でちゃんとグルーミングもしていて、毛玉も自分でちゃんと取ってキレイにしていました。


まだ肢体の麻痺も見られないし、排尿の介添えが必要な事以外は、以前とまったく同じ生活ができているように思います。むしろ毎日お腹がすっきりしていて、以前よりも元気そうに見えるくらいです。(^^)

私にとって、この「ひとてま」は、まったく手間ではないので、この程度の事でリオ君がすこしでも長く元気でいてくれるのならむしろ嬉しいくらいです❤️


治してあげる事はできない「先天的」な病気を持った子ですが、痛みや苦しみを最大限取り除いてあげる事は、きっとできると信じています。


ではまた

[PR]
by sawarin19 | 2018-01-08 00:37 | Poppy & Leo | Comments(2)