<< ストーブ❤️ London  パート① >>

London パート②

ロンドンの続き行きまーす。


一通り観光をすませた後は、ガイドブックで見つけた、ノッティングヒルのアンティークマーケットへ行きました。

土曜日しかやっていないマーケット、たまたま日程が重なってラッキーでした。
映画「ノッティングヒルの恋人」でも有名なロンドン西部にあるこのエリア。一度訪れてみたい街でした。
全長2キロにも及ぶ、大規模ストリートマーケットです。
c0133478_884814.jpg


この日も、お天気はイマイチで、午後からは大雨となってしまいましたが、それでもすごい人で賑わっていました。
c0133478_8103555.jpg



銀製品の専門のお店とか、、、、、
c0133478_8112781.jpg



私の大好きな陶器のお店とか、、、、、もう大興奮^^)
c0133478_8122014.jpg

カップアンドソーサーが欲しかったのですが、残念ながら探していたものは見つからず、、、
っていうか、夫がたいくつそうに立って待っているので、あまりゆっくり見れず、、、(涙)
やっぱりこういう所は、趣味が同じ女子と一緒に行くべきですね。(笑)
c0133478_8144887.jpg



有名だとガイドブックに買いて有ったカップケーキのお店に行ってみたり。
c0133478_8185435.jpg

ここで面白い光景を目にしました。
韓国人の観光客(20代女の子)がテイクアウェイで買ったカップケーキをお店の隅のカウンターで食べ始めたんです。たぶん、買った後外に出ようとしたけれど、外が寒かったので中で食べよう、、、みたいな軽い気持ちだったと思うんですがね、、、(あくまでも想像)

そうしたら、お店のお姉さんに怒られていました。(驚)
よくよく会話を聞いてみたら、イギリスではテイクアウェイとイートインで少しだけ値段が違うんです。
イートインの方が高いの、、、、。なのでテイクアウェイと言って買った場合、さっさと外に出なくちゃいけないらしい。(笑)

私、知りませんでした。夫いわく、パリも同じだそうです。
これってもしかして常識なの??日本は??

まだまだ世の中知らない事はたくさんありますね。(笑)
c0133478_8302684.jpg


ゆっくりとお店を見て回っていたら、3時間ぐらい過ぎてしまいました。
露天だけでなく、建物の中にも小さな骨董品のお店がたくさん入っていて、本当に1日ではとても時間が足りないマーケットでした、次回ロンドンに行く機会があったら、再び訪れてみたい場所となりました。


雨足も強くなってきたので、次なる場所へ移動です。

有名シェフJamie Oliverのカフェ&ショップ。
こちらもノッティングヒルにあります。

c0133478_8424550.jpg

1階はショップと料理教室。2階がカフェです。
店内に入ると、お店の真ん中に大きなオープンキッチンがあり、そこでデモンストレーション形式でレッスンが行われていました。(^^)
c0133478_8445824.jpg


お腹はいっぱいだったので、カフェでお茶をしました。
スタッフの女性たちがJamieみたいな「熱い」しゃべり方をするのがおかしかったです。(^^)
アデレードにも昨年Jamie Oliverのレストランができたのですが、料理教室もやればいいのになー!





一応これでロンドンはおしまい!!
次はセルビアに行きますよー!



ではまた♪
[PR]
by sawarin19 | 2015-06-30 08:48 | Trip to Europe | Comments(2)
Commented by Rumi at 2015-07-03 12:29 x
わぉー!!この食器のお店、たまらないね~。ずっと見いちゃうね。。確かに、こういうお買い物は”女子同士”だよね(笑)。男性人ってなぜ興味ないのかしらね。。。不思議。
一流店でシェフをしていた友人が、自宅でお料理教室やってるから、次回帰国の際、一緒に行こーよ(^^)。それにしても世界って広いね。セルビア楽しみにしてま-す!!
Commented by sawarin19 at 2015-07-12 22:33
Rumi様
やっぱりお買い物は女子同士だよねー。
「ゆっくり見ていいよ」って言われても、興味なさそうにずーっと後ろにくっ付かれてるときになるよねぇ。(^^)
お料理教室、是非連れて行って〜!それFBで見た記事かな?
セルビア日記、半分終わりました。頑張りまする、、、(汗)
<< ストーブ❤️ London  パート① >>